2009年11月02日

カラフルチルドレン presents 『ウェアブルアートin青山祭』秋を描き、秋を着る。

2_A302631.jpg

青山祭イベント前日、武井れい教授は、落ち葉をひろう。

『秋がきたな、』

とセンチメンタルになるようだ。

_A302665.jpg

カラフルチルドレンメンバーは下準備中。
落ち葉のカタチに切り抜いていく。

_A302661.jpg

そして

当日、

_A312687.jpg

ここでは、日置恵教授が下準備中。
武井れい教授の短歌をTシャツにかいていく。

_A312689.jpg

_A312715.jpg

キャシー教授が、学生に今回のライブペインティングの進行を説明中。

_A312750.jpg

出番を待つ、学生たち。

中庭ステージ本日のトリである。

_A312758.jpg

イベント開始。

日置恵教授、今回のテーマである『サイクル』にちなんで、Tシャツの円内に文字を書き、

_A312785.jpg

そして、キャンバスになっているTシャツに色づけしていく。

_A312784.jpg

_A312777.jpg

裏手にまわると、そこには、日置恵教授の書いた、武井れい教授短歌の一面。

全32短歌をかいたようだ。

2_A312777.jpg

_A312795.jpg

_A312831.jpg

_A312832.jpg

2_A312840.jpg

描き終え、Tシャツキャンバスをおろし、解体。

_A312855.jpg

そして、着る。

_A312859.jpg

ダダダダダダダダダダダ。。。。

_A312861.jpg

ジャーン!

_A312875.jpg

『wearable art の完成です!!』

MCの武井れい教授の声がはずむ。

_A312898.jpg

日置恵教授の文字でまた引き立つ短歌。
自身の作った短歌をよんでいく。

_A312698.jpg

秋を描き、秋を着た。

これで武井れい教授も浴衣をぬぎ、秋の装いに衣替えできることだろう。

_A312907.jpg

ペイントあり、短歌あり、書あり、そんな青山際の一コマとなった。

============

ウラハラ★藝大では、「出張★藝大」として、地元に来て教室をやってほしい、というリクエストも募集中です。

http://shuchou.sblo.jp/
posted by キャシー at 00:00| ウラ藝ダイアリーより