2009年10月29日

ザ・カラチル劇場!民族音楽に踊り描くの巻

(photo by キャシー)

『ザ・カラチル劇場!民族音楽に踊り描くの巻』
マオン(ミュージシャン)とカラフルチルドレンズ!

はじまりはじまり〜

420_IGP5900.jpg

今日のゲスト先生はma-onの3人。

左から)シモン先生、ユウスケ先生、オカ先生。

真っ黒なツナギをきた大きな先生達を前に、キッズ緊張気味。

420_IGP5902.jpg

「この1時間、きみたちはインディアンとなるのだ。さあ、インディアン証の羽をつけたまえ。」

まずは格好から。

420_IGP5911.jpg

「インディアンのあいさつの練習をしよう。名前を呼ばれたら‘’アワワワワ‘’だぞ。準備はよいか?」

初めてのインディアン体験(?)にどきどきわくわくキッズ。

うまく挨拶できるかな?

「あわわわわわあわ?」

420_IGP5916.jpg

「インディアンの1日は、夜が開けるところからはじまります。さあ、好きな楽器を選ぼう。そして音を奏で夜明けを呼ぼう!」

さあ、いろんな形の楽器たちを手にとって、音を出してみようか。

420_IGP5923.jpg

‘’ザザー‘’   ‘’ボーボー‘’  ‘’カンカンカン‘’

それぞれの楽器から、それぞれ違う音がなります。

みんなの音が次第に一つに重なって、さあ、どんなハーモニーになるのでしょう?

420_IGP5927.jpg

部屋は夜明けの薄暗さ。

420_IGP5930.jpg

あたりには楽器から流れる音だけが響きます。

そして遠くからインディアンの歌う声も。

420_IGP5935.jpg

外からみればウラ藝劇場。

420_IGP5940.jpg

夜明けとともに、大きな鳥が姿をあらわします。

420_IGP5947.jpg

420_IGP5942.jpg

森の奥深く、ジャングルの谷。耳を澄ませば、鳥のさえずり、獣の声。

420_IGP5946.jpg

イメージがだんだん目に見えてきたぞ。

420_IGP5955.jpg

インディアンキッズも参戦だ!

420_IGP5957.jpg

420_IGP5960.jpg

420_IGP5965.jpg

インディアン、ママと描こう。

420_IGP5979.jpg

ディジュリドウーが低い大地の音を奏でます。

420_IGP5983.jpg

420_IGP5985.jpg

インディアン、高いところは先生に頼もう。

420_IGP5995.jpg

大地を照らす、真っ赤な太陽。

420_IGP6010.jpg

‘’ゴゴゴゴゴゴゴゴ‘’

420_IGP6011.jpg

なんだなんだ!?部屋が暗くなってきたぞ!

‘’ゴロゴロゴロ、ザザーザザー‘’

ジャングルの森に嵐がやってきた!こんな時はみんなで音を鳴らしてお祈りをしよう。

420_IGP6014.jpg

‘’ボウンボウン‘’  ‘’チリンチリン‘’  ‘’シャンシャンシャンシャン‘’

420_IGP6027.jpg

420_IGP6034.jpg

澄んだ力強い音色に、あたりはだんだん明るくなってきました。

420_IGP6030.jpg

「みんなのおかげで黒い大きな雲は消えました。さあ、夜が来るまで描いて踊って楽しもう!」

420_IGP6048.jpg

「がお〜〜〜〜〜」獣が火を噴くぞ!

420_IGP6056.jpg

420_IGP6060.jpg

420_IGP6069.jpg

420_IGP6077.jpg

クライマックスに向け、演奏も盛り上がる!

420_IGP6075.jpg

こうしちゃいられない!わたしも太鼓で!

420_IGP6067.jpg

420_IGP6042.jpg

420_IGP6093.jpg

シモン先生が雨の音のする楽器を持ってやってきた。

420_IGP6096.jpg

受け継ぐインディアン。

420_IGP6099.jpg

あっという間に夜が来てしまいました。

今日はここまでね。

420_IGP6111.jpg

みんなでつくったジャングルの森を、ゆっくり眺めてみよう。

420_IGP6115.jpg

楽しい時間はあっという間だね。

さて、ウラ藝をもとの部屋に戻そうかな。

420_IGP6133.jpg

「明るくしたら、見える世界がぜんぜんちがう!」

ほんとだ、壁画があざやかまぶしい。

420_IGP6123.jpg

カラフルな絵の前で、ハイポーズ★

420_IGP6136.jpg

インディアン、名残惜しいセッション。

420_IGP6152.jpg

420_IGP6149.jpg

420_IGP6154.jpg

420_IGP6153.jpg

420_IGP6156.jpg

420_IGP6146.jpg

ユウスケ先生:「澄んだ心で音を絵を描にする子どもたちは、もうすでにインディアンでした。また会いたいです。ありがとう。」

オカ先生:
「他の人が描いた絵に刺激されて絵が変わっていったり、生き物が成長するように壁全体が変わっていったのが印象的でした。楽しかったですよ。みなさんありがとう!」

シモン先生:
「皆楽しい時間ありがとう!
ミタクイェオヤシン!
全ての縁あるものたちのために!
パーッシュッ!」


420_IGP6160.jpg

すぐ後ろで奏でられる音の波は、すーっとしみ込んでくるような自然な音。

なんとも贅沢、濃い1時間でした。

ma-on先生、貴重な授業ありがとうございました★

今後のma-on先生の活躍からも目がはなせませんね。情報はma-on blogをcheck!↓
http://ma-on.jugem.jp/
posted by キャシー at 01:10| スペシャリストコラボ授業